岡山県立大学 保健福祉学部 栄養学科

食品生化学研究室

研究紹介

研究テーマ

1.脂質メディエーター合成酵素のはたらきに影響する食品の探索研究


  • アラキドン酸などの不飽和脂肪酸から様々な脂質メディエーターが作られ、生体機能に関わるだけでなく、様々な病態において重要な役割を果たしています。種々の脂質メディエーターを合成する酵素のはたらきに対する食品素材の影響について研究を行っています。




2.食品による疾病の予防・改善を目指した研究


  • 食品の生体調節機能に着目して、疾病の予防や改善ができるような食品や食品成分の探索を進めています。 (研究例)大豆の成分やビタミンE化合物など






科研費による研究成果

  • 科学研究費 基盤研究(C) 2018年度~2020年度
    「アラキドン酸代謝酵素に対して食品成分の変化が及ぼす影響に関する研究」(課題番号:18K11080)

  • 科学研究費 若手研究(B) 2014年度~2016年度
    「アレルギー疾患の予防を目指したリポキシゲナーゼ阻害食品の探索」(課題番号:26750049)

  • 科学研究費 若手研究(B) 2011年度~2013年度
    「12/15-リポキシゲナーゼ阻害をターゲットとした食品による動脈硬化症予防の研究」(課題番号:23700916)

  • 科学研究費 若手研究(スタートアップ) 2007年度~2008年度
    「トコトリエノールとトコフェロールによる肝臓LDL受容体の発現調節作用の解明」(課題番号:19880027)


上へ戻る